【内藤雄士ゴルフレッスン】ヘッドの重さを活かして砂を飛ばす練習を

白石あさえの目指せコースデビュー! 
連載●第35回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜
◆グリーン周りのバンカーショットはサンドウェッジを使って

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回のレッスンでやったアプローチは、かなりいい感じになってきましたね。

白石あさえ:以下白石 本当ですか? うれしいです。

内藤:では、今回は先に進んでバンカーについてのレッスンを行ないます。

白石:バンカーショットって難しいんですよね?

内藤:バンカーを苦手にしているアマチュアは多いですね。特に女性はかなりキャリアを積んで、スコアも出せる人でも「バンカーだけは......」という人がいます。

 たしかに通常の芝の上から打つショットとは違う感覚になりますが、大事なことはその感覚に慣れるということです。

白石:バンカーでは、どのクラブを使えばいいんですか?

内藤:グリーン周りの基本的なバンカーショットを覚えるにはサンドウェッジがいいでしょう。プロゴルファーはアプローチでサンドウェッジを使いますが、それは厳しいピン位置やグリーンの状況に対応するために、サンドウェッジでなければ、スピンがかからないからです。アマチュアの方が一般的にプレーされるコースでは、"アプローチ"でサンドウェッジはそこまで必要ないんです。だから、非力な女性なんかはバンカー専用として、サンドウェッジを1本バッグに入れてもいいと思うんです。

この記事の続きを読む

1