イチ、ニ、サンと軽量級の大本命へ。 柔道・阿部一二三の壮大なプラン

 柔道男子66キロ級は、日本体育大学の1年生、阿部一二三(あべ・ひふみ)の時代に突入した。

 2年ぶりのグランドスラム東京の決勝(12月2日)で、阿部は今年11月の講道館杯で敗れた橋口祐葵(ひぐち・ゆうき)を、1分45秒、豪快な背負い落(せおいおとし)で畳に叩きつけた。シニアの大会で、かつ国際大会で、さらに決勝という緊迫の場面で、まさに"叩きつけた"という表現が適当なほど、見事な「一本」が決まることは珍しい。

 それだけ阿部の実力が、66キロ級で突き抜けた印象を受ける戴冠だった。表彰式の後、阿部は満面の笑みで、壮大なプランを口にした。

「(リオ五輪の選考レースに漏れて)悔しい思いをしたので、まずはこの大会で勝ててホッとしています。目標とする選手は(五輪3連覇の)野村忠宏さん。五輪で1回優勝したぐらいでは追いつけない。4連覇が目標です」

 2年前の講道館杯同階級で高校2年生ながら優勝し、続くグランドスラム東京も制覇。いずれも史上最年少の優勝で、阿部は一躍、脚光を浴びた。

 その後、リオ五輪の代表レースに参戦するも、好不調の波が激しく、際立った戦績を残すことができない。代表は、ロンドン五輪の代表でもあった海老沼匡に譲った。

 それでもリオ五輪の閉会式では、4年後の東京五輪に向けたPR映像に起用されるなど、柔道界のみならず東京五輪の組織委員会からも大きな期待を集める存在だ。

「そうやって期待していただくことはプレッシャーでもありますけど、やはりうれしいことですし、ありがたいこと。力にしたい」

この記事の続きを読む

1