石川祐希、録画した『逃げ恥』を 見るよりイタリア挑戦が待ち遠しい

■東京五輪のホープ、石川祐希インタビュー後編

 石川祐希選手のインタビュー後編では、2度目のセリエA挑戦や卒業後の進路、最近のプライベートについて話を聞いた。

―― 高校時代から比べると、だいぶ体が大きくなりましたが、今はどんなトレーニングをしているのでしょう?

石川祐希(以下、石川):今は膝の状態もあるので、下半身のトレーニングメインでやっています。1年生2年生の時は、上半身下半身の全体的な土台を作るトレーニングをしていました。だいぶベースができてきたので、これからはさらにケガのない体作りをできればいいと思っていますし、プラスしてジャンプ力強化をしたいですね。

―― 12月から合流するイタリアのセリエAラティーナが、3勝9敗(12月3日現在)と苦しんでいますが、気になりますか?

石川:映像はちょこちょこ見ています。チームが負けているのは非常に残念ですけど、自分は途中から合流するので、(そこで勝利することで)アピールするチャンスが増えたというのも確かなこと。しっかりアピールして、スタメンを常に張れるように持っていければいいかなと思います。

―― ラティーナでは成績低迷を理由に、石川選手にオファーしてくれたナッチ監督が解任されてしまいましたけど。

石川:辞めるとは思ってなかったので驚いたことは確かですが、別に彼が辞めたからといって、契約がなくなったわけではありません。ナッチ監督なら試合に出られる保証があったというわけでもないですし、監督が代わっても自分はやるべきことをやるだけなので、そんなに気にしていないです。

この記事の続きを読む

1