兄の無念はボクが晴らす!サトノクロニクルがダービー制覇に名乗り

■厳選!2歳馬情報局(2016年版)第28回:サトノクロニクル

 競馬界最高峰の舞台となるGI日本ダービー(東京・芝2400m)。この祭典では、過去に数々の物語が生まれている。

 その中のひとつに、「2着となった兄の借りを、弟が返す」という感動的なストーリーがある。

 実際に実現したのは、三冠馬ナリタブライアンである。1993年の日本ダービー、兄ビワハヤヒデは惜しくも2着に敗れて涙を飲んだが、その翌年のダービーで、ナリタブライアンは2着に5馬身差をつける圧勝劇を披露。まさに歴史に刻まれる豪快な勝利を飾って、兄の雪辱を果たした。

 今年の2歳馬の中でも、その物語の再現を狙う馬がいる。栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するサトノクロニクル(牡2歳/父ハーツクライ)である。

 兄は、2015年のダービーで2着となったサトノラーゼン(牡4歳/父ディープインパクト)。2歳夏にデビューしたあと、トントン拍子の出世とはいかなかったものの、3歳春に500万下特別、GII京都新聞杯(京都・芝2200m)と連勝を決めて、見事ダービーへと駒を進める。が、本番ではドゥラメンテの豪脚に屈して2着に終わった。

 弟のサトノクロニクルは、この兄が届かなかったダービー制覇を目指してデビューすることとなる。もちろん、競馬に携わる誰もが夢見る舞台ゆえ、それを達成することは決して簡単なことではない。しかし、陣営からはその快挙を期待させるほど、高い評価が漏れてきているという。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

この記事の続きを読む

1