岡崎慎司、ゴール奪取もチームを憂慮。「昨季は...の考えを捨てないと」

「0−2にされた後は、もうゴールしか狙っていなかったです。これまでは(味方のクロスボールに)ニアで触っても点を獲りきれないことが多かったので、今日はボールしか見ていなかった。というのも、相手と駆け引きしてしまうと、ニア(のスペース)を消されて何もできないことが多いので。だから、とにかく味方のボールがここに来ると信じて、一直線に走り、最後は振り抜いた。いいシュートだったと思います」

 12月3日に行なわれた第14節サンダーランド対レスター・シティの一戦。ベンチスタートの岡崎慎司に出番の声がかかったのは、敵の1点リードで迎えた68分のことだった。残り時間は約20分。投入直後は自陣の深い位置まで下がって守備に走ってもいたが、サンダーランドに2点目を奪われると、「ゴール」のことだけを考えるようになったという。

 得点場面は80分。左サイドからFWデマレイ・グレイが速いクロスボールを入れると、敵のマークから一歩抜け出し、ドンピシャのタイミングで左足を合わせた。

「クロスボールが速い場合、集中していないとゴールを決められない。何も考えないで入っていくのが、今の自分にとって大事なこと。最近は、考えながら入っていくことが多かった。ドイツでは1回、駆け引きできる時間があるんです。でも、プレミアリーグは(プレースピードが)速い。先にスペースを埋められると、ボールを触ることすらできない。相手よりも前に入って、無理矢理でもゴールに持っていく。それが今日はできた」

この記事の続きを読む

1