錦織圭の弱点を元世界1位が指摘。「ケイはもう少し成熟する必要がある」

 トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)の時速200キロ超のサーブを完璧なタイミングで次々に跳ね返し、リターンウイナーを連発する。翌日のニック・キリオス(オーストラリア)戦ではコートを縦横に走り、最後はネット際でボールに飛びつきスーパーボレーを叩き込む。あるいは、すべてのショットでウイナーを奪いにくるキリオスの強打に一歩も引かず、意地のぶつかり合いとなった激しい打ち合いを、力で相手をねじ伏せ制する――。

 あまりに豪快にして、切れ味鋭い錦織のめくるめくプレーの連続に、2度のグランドスラム優勝を誇る元世界1位のマラト・サフィン(ロシア)ですら、驚きと興奮を隠せなかったという。

「すごくいい内容の試合が、昨日、今日とできた。去年よりはチームに貢献できたかなと思うし、楽しくプレーできました」

 獅子奮迅の活躍を見せたIPTL(インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)での2日間を振り返り、錦織圭は紅潮したほほに満足そうな笑みをともす。しかし同時に彼は、冷静にこうも述懐した。

「毎回こういう試合ができればいいんですが、本当の試合はプレッシャーもありますし、こんなに気楽にできないですが......。でも正直、1週間くらいテニスもしていないなか、自分でもここまでプレーできてびっくりしています。本当に強くなっているんだなと実感できました」

この記事の続きを読む

1