宇佐美、細貝...消息が途絶えがちなブンデス日本人選手の逆襲はあるか

 2016-17シーズンの開幕から約3ヵ月半が経過し、年内のブンデスリーガも3試合を残すのみとなった。ケルンの大迫勇也、ヘルタ・ベルリンの原口元気、アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠、そして、先日ハンブルガーSVの新キャプテンに任命された酒井高徳が、それぞれ所属クラブで確固たる地位を築いている一方、チーム内の激しいポジション争いや負傷に苦しみ、なかなか出場機会を得られない選手もいる。

 今夏、ガンバ大阪から移籍金約150万ユーロ(約1億8150万円)でアウクスブルクに完全移籍を果たした宇佐美貴史も、そんな選手のひとりだ。弱冠19歳で欧州屈指のメガクラブ、バイエルン・ミュンヘンに獲得されたキャリアを持ち、しかも前回のようなレンタル移籍ではなく、日本への退路を断った状態での再挑戦。ブンデスリーガ開幕前に行なわれたドイツ杯1回戦FVラーフェンスブルク戦では、この試合を中継していた『Sky』の解説者が、ベンチに座る宇佐美についてたびたび言及するなど、周囲の期待はすこぶる高かった。

この記事の続きを読む

1