オトコ勝りの「怪物娘」も出現。超ハイレベルな2歳牝馬ランキング

■2017年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第1弾)
 秋のGIシリーズは早くも冬を迎えて終盤戦。今週は、2歳女王決定戦となるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月11日/阪神・芝1600m)が開催される。いよいよ来春のクラシックを目指す若駒たちの、熾烈な争いが本格化していくこととなる。

 そこで今年も、その争いに挑む若駒たち、まずは2歳牝馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表していきたい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来春のクラシックを目指す2歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。注:あくまでも来春のクラシックの有力馬を占うもので、阪神JFの予想ではありません。

 今年の2歳戦線、とりわけ牝馬は「豊作」と言われている。これまで行なわれた2歳重賞を振り返っても、新潟2歳S(8月28日/新潟・芝1600m)のヴゼットジョリー(父ローエングリン)、小倉2歳S(9月4日/小倉・芝1200m)のレーヌミノル(父ダイワメジャー)、さらにデイリー杯2歳S(11月12日/京都・芝1600m)のジューヌエコール(父クロフネ)と、牡馬相手に牝馬が勝ち名乗り。その他、オープンや条件クラスの牡馬混合戦でも、牝馬が勝利を飾っているレースが数多く見られる。

 また、牝馬限定の重賞でも、アルテミスS(10月29日/東京・芝1600m)ではリスグラシュー(父ハーツクライ)が、ファンタジーS(11月5日/京都・芝1400m)ではミスエルテ(父フランケル)が、評判どおりの強さを見せて快勝。来年のクラシックに向けて、逸材がゴロゴロいるといった状況だ。

この記事の続きを読む

1