世界最強オールブラックスが、ジャパンをホメる。「勇気を感じた」

 12月1日、欧州やアメリカなどで国際試合を戦った後、グローバルスポンサーである保険会社「AIG」グループの招きに応じて、「オールブラックス」ことニュージーランド代表9名が来日。東京駅丸の内行幸通りの特設会場で、130名の子どもたちやラグビーファンとラグビー交流イベントを行なった。「AIG」グループは2012年からニュージーランドラグビー協会のメジャーグローバルスポンサーとなっており、胸スポンサーにもなっている。

 子どもたちやファンは、オールブラックスの選手たちといっしょに、ストレッチやタックル、トライなどの練習をして汗を流した。トヨタ自動車でも2シーズンプレーした、オールブラックスの中心選手のひとり、フランカー(FL)ジェローム・カイノは、時折、日本語も交えながら、「子どもたちにケガの予防の大切さを学んでもらえるように、少しでもお役に立てれば」と笑顔で話した。

 イベント終了後、力強いプレーが持ち味の15キャップのロック(LO)スティーブン・ルアトゥア、23歳で11月に代表デビューしたLOスコット・バレット、今秋、その突破力とオフロードパスで世界を魅了した21歳のセンタースリークォーターバック(CTB)アントン・レイナート−ブラウン、今年のスーパーラグビーで大活躍だった21歳の若きフルバック(FB)ダミアン・マッケンジーという2019年のワールドカップの主力になりうる4選手に、日本ラグビーの印象やオールブラックスの強さの理由を聞いた。

この記事の続きを読む

1