日本馬への応援を胸に秘め、香港国際競走はこの外国馬でガッポリ稼ぐ

■香港国際競走展望 前編

 今年も国際競馬の掉尾(ちょうび)を飾る、香港・シャティン競馬場を舞台にした香港国際競走が今週末に近づいてきた。今年は日本から過去最多の13頭が参戦。さらに、今年から始まった海外レースの国内発売としては初めて、JRAの競馬の開催時間に重なるとあって、その盛り上がりは計り知れない。これまでは「ガンバレ! ニッポン」だった香港国際競走も、馬券が絡む新たな局面を迎えようとしている。

 ということで、今回は2回に分けて、その香港国際競走の各競走を展望する。
 
 最初に行なわれるのは芝2400mの香港ヴァーズ。過去に日本調教馬はステイゴールドが勝ち、シックスセンスとジャガーメイルがそれぞれ2着となっている。

 今年は日本からサトノクラウン(父マルジュ、牡4歳)、ヌーヴォレコルト(父ハーツクライ、牝5歳)、そしてスマートレイアー(父ディープインパクト、牝6歳)の3頭が参戦する。3頭とも現地時間8日朝、芝コースで最終追い切りが行なわれ、三者三様に順調さを示した。特にスマートレイアーは香港に入ってから、5日にも芝で強めの調教を行なっており、目下の状態がかなりいいことを伺わせる。

この記事の続きを読む

1