佐藤琢磨がホンダの強豪チームに移籍。インディ2勝目がグッと近づく

 アメリカのトップ・フォーミュラ=インディカー・シリーズに参戦してきた元F1ドライバーの佐藤琢磨が、2017年の参戦体制を発表した。

 彼にとってアメリカ8シーズン目は、念願がかない、ついに強豪チームからのエントリーになる。ホンダのエースチームであるアンドレッティ・オートスポートにシートを確保したのだ。過去4人のシリーズチャンピオンを生み、4回のインディ500優勝を誇るチームの一員として、琢磨は2017年シーズンを戦う。

 2010年、KVレーシング・テクノロジーからインディカー・デビューした琢磨は、2012年はレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングで走り、2013年に移籍したAJ・フォイト・レーシングでは第3戦のロングビーでキャリア初優勝を飾った。

 しかし、2014年以降は2勝目をマークすることができないまま、伝説のドライバーが率いるチームとの関係は、2016年までの4シーズンで終焉を迎えることになった。2017年、AJ・フォイトのチームは使用マシンをホンダからシボレーに変えることになったため、琢磨はホンダ系のチームに新たなシートを見つけなくてはならなくなったのだ。そして見事に、強豪アンドレッティ・オートスポート入りを決めた。これにより過去7シーズンと比べ、明らかに戦闘力の高いチームからの参戦が実現することになる。

この記事の続きを読む

1