お姉ちゃんに続け。桜花賞馬ジュエラーの弟、ハリーレガシーの期待度

【厳選!2歳馬情報局(2016年版)】
■第29回:ハリーレガシー

 今年も激闘が繰り広げられた3歳「牝馬三冠」レース。それぞれ勝ち馬が異なる展開となったが、「3強」と言われた面々が顔をそろえた一冠目のGI桜花賞(阪神・芝1600m)を制したのは、その「3強」の一角であるジュエラー(牝3歳/父ヴィクトワールピサ)だった。

 同馬は、昨秋のデビュー戦を勝ったあと、牡馬に混じって挑んだGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)と、桜花賞トライアルのGIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)で、ともに僅差の2着と奮闘。いずれも、後方から迫力ある末脚で追い込んで、内容的には勝ちに等しい"惜敗"だった。

 そして迎えた桜花賞。「3強」と呼ばれるライバルである、2歳女王のメジャーエンブレム、チューリップ賞の覇者シンハライトと激突した。7枠13番からスタートしたジュエラーは、道中後方に待機。直線に入って大外から豪快に追い込むと、シンハライトとの一騎打ちへと持ち込む。最後は2頭がほぼ同時にゴール板を通過したが、33秒0という最速の上がりをマークしたジュエラーが、ハナ差で勝利をもぎ取った。

 以後、メジャーエンブレムがNHKマイルC(東京・芝1600m)で、シンハライトがオークス(東京・芝2400m)でGI制覇を遂げるなか、ジュエラーはケガに見舞われて戦列を離れてしまう。それでも、秋になってローズS(阪神・芝1800m)で復帰し、三冠最後のGI秋華賞(京都・芝2000m)に参戦して4着と健闘。来年以降の活躍に期待を持たせた。

この記事の続きを読む

1