未知なる相手への恐怖は消えた。鹿島にクラブW杯決勝へのチャンスあり

 クラブワールドカップ準々決勝。開催国代表として出場しているJ1王者の鹿島アントラーズが、アフリカ王者のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)を2−0で下し、準決勝に進出した。

 試合展開こそ異なるものの、鹿島は1回戦のオークランド・シティ戦に続き、際どい試合をものにした。

 前半の鹿島は、圧倒的にマメロディに攻め込まれた。スピードに優れる相手にまったくついていけず、次々にチャンスを作られていた。相手の動き出しは決してタイミングがいいとはいえない、かなり大雑把なものだったが、それでもスピードの違いで振り切られた。
 スピードだけではない。鹿島の選手が高い位置でボールを奪おうとプレスをかけても、テンポよくパスをつながれ、かいくぐられるシーンは多かった。DF山本脩斗が語る。

「(マメロディは)けっこうつないできた。思った以上に落ち着いていて、3人くらいでダイレクトにポンポンとつながれて(ボールを)奪い切れなかった。そこでかわされてカウンターを受け、数的同数になることがあった」

 スピードを上げたなかでプレーしても、ボール扱いにミスがない。その点においても、前半のマメロディは鹿島を大きく上回っていた。

この記事の続きを読む

1