【月刊・白鵬】通算1000勝へと勢いづけた、石浦からのサプライズ

■第67回:通算1000勝

先の九州場所(11月場所)で、
横綱が再び、大相撲界の大記録を達成した。
史上3人目となる通算1000勝である。
この記録にかけた思いと、
記録達成の舞台裏を横綱が語る――。
 大相撲九州場所(11月場所)が終わったあと、私たち大相撲一行は冬巡業のため、12月初旬から九州各地を回っています。大分、福岡、長崎、熊本、宮崎、佐賀などを巡って、その後は、鹿児島県の奄美大島、沖縄県の宜野湾、宮古島までうかがわせていただきます。その分、今回もトータルで2週間を超える、長い巡業になりますね。

 なかでも今回は、ベテランの里山関(十両)や、九州場所で新十両昇進を果たした明正ら、多くの力士を輩出している奄美大島や、毎年のように家族で訪れて、馴染みのある沖縄まで行けるのが楽しみです。

 特に、奄美大島は相撲が盛んな場所です。普段から自然と触れ合っている奄美の少年たちは、身体能力が高く、私が毎年開催している少年相撲大会『白鵬杯』でも活躍しています。大相撲を間近で観戦することで、力士志願の少年たちがさらに増えることを期待したいですね。

 ともあれ、九州場所後、これだけ多くの土地に訪れることができるのも、相撲を愛し、応援してくださっているみなさんのおかげです。心より感謝いたします。

この記事の続きを読む

1