これが代走屋の魂だ。鈴木尚広が明かす「ラストプレーの真実」

 技術は年々上がっていくものですから── 。

 プロ生活20年。その重みを感じさせないほどさらりと、鈴木尚広は口にした。

「代走のスペシャリスト」と呼ばれ、プロ通算228盗塁。盗塁成功率.829は200盗塁以上を記録した選手のなかで歴代トップだ。培ってきた技術によって、体の使い方は年々深みを増していった。鈴木は「エコでしょうね」と言って笑う。

「無駄のないエネルギーを使えるようになったので、疲労も少なくなったし、ケガすることも少なかったし、自分のなかでいいエネルギーのサイクルがあったと思います」

 技術、身体ともに円熟の域に達しており、衰えるどころか向上している。2016年はレギュラーシーンで10回盗塁を試みて、そのすべてで成功している。それなのに、なぜ、鈴木尚広は今シーズン限りでジャイアンツのユニフォームを脱ぐという決断をしたのだろうか。

 10月13日。引退記者会見の場で、鈴木はこんな言葉を口にしている。

「心が離れていった」

 引退表明から2カ月が経ったいま、あらためてその真意を聞いてみた。

「準備し続けることは正直言って大変なことですからね......。そういうことに対する『心の疲労』が出てきたのかなと思います。自分が出るか出ないかという立場の選手ということはわかっていても、準備することの難しさは常に感じていました」

 すでに広く知られていることだが、鈴木はシーズン中、試合開始の7時間前に球場入りして、入念な準備をしていた。「東京ドームの警備員さんには迷惑をかけました」と本人が笑うように、照明の落ちた誰もいないスタジアムで独自の調整を重ねていたのだ。

この記事の続きを読む

1