「地味な血統」が大化けするか。野望が渦巻く2歳牡馬ランキング

2017年3歳クラシック
■Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第1弾)

 今年の中央競馬も、残すところあと2週。先週は、2歳女王の座を争うGI阪神ジュベナイルフィリーズが行なわれ、ソウルスターリング(牝2歳)が人気に応えて完勝。世代最初のGIタイトルを、怪物フランケルの初年度産駒が手にした。

 そして、今週も注目されるのは、フランケル産駒のミスエルテ(牝2歳)。通常なら、2歳の「牡馬チャンピオン決定戦」となるGI朝日杯フューチュリティS(以下、朝日杯FS。12月18日/阪神・芝1600m)に牝馬が果敢に挑んできた。その分、例年以上に注目を集める同レースだが、ここでは先週の2歳牝馬に続いて、来春のクラシックを目指す2歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来春のクラシックを目指す2歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。注:あくまでも来春のクラシックの有力馬を占うもので、朝日杯FSの予想ではありません。

 今年の2歳牡馬は、豊作の牝馬に対して「小粒」と言われている。これまでに9レース行なわれた牡牝混合2歳重賞のうち、3つのレースで牝馬が勝利。重賞勝ち馬も、続けて好走しているのが、ブレスジャーニー(牡2歳/父バトルプラン)ぐらいしかいないからだ。

この記事の続きを読む

1