「野々村イズム」を胸に。 阪神5位の糸原健斗は魂でプレーする男

 宝くじが当たる人には、ある共通点があるという。それは「宝くじを買い続けている」という、ごく単純なものだ。何事も分母が増えれば、奇跡的な出来事に遭遇する確率は上がってくる。

 筆者にとっては2009年10月26日に行なわれた秋の高校野球・中国大会準々決勝が「当たりくじ」だった。鳥取県にある「どらドラパーク米子市民球場」というローカル球場で繰り広げられた4試合には、広陵・有原航平(現・日本ハム)、石見智翠館・戸根千明(現・巨人)、岡山東商・星野大地(現・ソフトバンク)といった、のちにプロに進んだ好選手も続々と登場。どの試合も見どころが満載だった。

 そんななか、いまも忘れられないシーンがある。

 あるチームの、決して身長の高くない左打者が、逆方向であるレフトスタンドにホームランを放った。それも、1試合で2本だ。1本目は速球に対して「詰まったかな」というフライが、驚くほど伸びてレフトスタンドに入ったもの。2本目はさらに圧巻だった。この選手は投手のモーションに合わせて一歩歩いてからスイングし、高めのカーブをレフトスタンドに運んだのだ。

 このシーンを目撃して、全身にゾクゾクと震えが起きた。両翼92メートルの狭い球場とはいえ、フェンスは低くなく、内容も「えげつない」としか言いようがない2発だった。試合後、その選手のもとへ走り、聞いてみた。「なぜ打席で歩いたのか?」と。するとその選手は、あっけらかんとこう答えた。

「イチかバチかです」

この記事の続きを読む

1