90歳の球友が明かす、根本陸夫「若き日の武勇伝」の真相

 プロの選手として三流、監督として二流でも、GM(ゼネラルマネージャー)としては天下無双だった根本陸夫。その野球の原点は出身地=茨城県水戸市の旧制茨城中(現・茨城高)にあった。

 1927年に創立した茨城中は私立の男子校。戦後には進学校となり、95年からは男女共学となったが、根本が在学した当時は硬派で知られた。同じく茨城県に生まれ、水戸商から西鉄(現・西武)に入団した豊田泰光も「茨中(いばちゅう)の近くは怖くて通れなかった」と述懐しているほど。冬場に寒さがつのると、生徒たちが木造校舎の板を剥がして焚き火をする、という伝説まであった。

 この茨城中時代の根本については、これまでほとんど知られていなかった。が、縁あって面会の機会を得た野球部の同級生で、バッテリーを組んでいた馬目大(まのめ・まさる/90歳)によれば、「1年生からレギュラーで、肩の強いキャッチャーだった」という。

 その一方、資産家の"跡取り坊っちゃん"として育った根本は、幼い頃からわがままでわんぱく、ケンカもよくやったと伝えられている。茨城中では<ひとかどの暴れん坊になっていた>と記す文献もあり、馬目も「根本は学校サボってばかりで2回も落第した」と言うが、〈暴れん坊〉に関してはこう証言する。

「彼はね、ケンカするにしてもちょっと違ってた。他校生とよくケンカがあったんだけど、自分では表に出ないから。腕っ節のいい連中を集めて、うしろで糸を引いてやらせる。ハッタリも利いたし、相手と顔を合わせても、顔はちょっと横にそらす。そうして、目だけ相手に向ける。そういうタイプだったね」

この記事の続きを読む

1