ドラゴンズの4番・福田永将は有馬記念でシュヴァルグランを狙い打ち

■2016クリスマス決戦、有馬記念(1)

 プロ生活10年目のシーズンを終えた中日ドラゴンズ・福田永将(のぶまさ)。中学生時代にはニューヨーク・メッツから入団テストのオファーを受け、ドラゴンズ入団後はプロ初打席で初ホームランを記録するなど、大砲としての素質を期待されてきた彼が、今季後半ついにドラゴンズの4番を担い、初の2ケタ本塁打も記録するなどブレイクを果たした。来シーズンもさらなる飛躍が期待される遅咲きのロングヒッターだが、グラウンドを離れると、意外にも競馬好きという。プロ2年目の春季キャンプでは、球界屈指の馬券好きとして知られる山本昌と同室だったという縁もある彼が、野球と競馬の意外な接点を語るとともに、今年の有馬記念を占ってくれた。

 実は小さい頃から、意外と馬との接点があったんです。僕の父は彫金の仕事をしていたのですが、仕事場が馬事公苑(東京都世田谷区)のすぐそばで、扱うデザインも馬関係のものがメインだったんです。馬の形はもちろん、蹄鉄や鞍の形だったり、鐙(あぶみ)だったり。そういったこともあって、馬は乗ることこそなかったんですが、身近には感じていました。

 その父の影響もあってか、うちにナリタブライアンのぬいぐるみがありました。ちょうど僕が小学校に入ったくらいに大活躍したんですよね。当時はそれほど意識しなかったんですが、"三冠"馬でしょう。野球選手にとっては憧れの響きですから、僕がこうしてプロとして活動できているのも何かの縁かもしれません。

 球団に入って、先輩でも馬券好きが結構いて、面白そうだなあと思いつつも、最初は特にその輪に加わろうというのはなかったですね。自分もまだまだペーペーでしたし、何しろ競馬にお金を使えるほど稼ぎもよくなかったですから。

この記事の続きを読む

1