古馬キタサンブラック×3歳サトノダイヤモンド。有馬はどっちが強いか

■2016クリスマス決戦、有馬記念(2)

 12月25日は、中山競馬場で1年を締めくくる大一番・GI有馬記念(芝2500m)が行なわれる。ファン投票上位3頭のキタサンブラック(菊花賞、天皇賞・春、ジャパンカップ)、サトノダイヤモンド(菊花賞)、ゴールドアクター(有馬記念)の他、マリアライト(エリザベス女王杯、宝塚記念)、ミッキークイーン(オークス、秋華賞)の牝馬2頭を加えたGI馬5頭が揃い、ハイレベルな争いが期待される。

 有馬記念に、その年の菊花賞馬(サトノダイヤモンド)とジャパンカップ勝ち馬(キタサンブラック)がともに出走するのは5年ぶり(2011年のオルフェーヴルとブエナビスタ以来)になる。今回は人気を二分するであろう、このサトノダイヤモンド(牡3歳、池江泰寿厩舎)とキタサンブラック(牡4歳、清水久詞厩舎)に焦点を絞って分析してみよう。

 まずはサトノダイヤモンド。デビューから3連勝でGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)を制し、GI皐月賞(中山・芝2000m)3着、GI日本ダービー(東京・芝2400m)2着と春のクラシックでは惜敗が続いたが、秋初戦のGII神戸新聞杯(阪神・芝2400m)を制し、続く菊花賞(芝3000m)でGI初制覇。今回はそれ以来2カ月ぶりの出走となる。

この記事の続きを読む

1