強豪チーム加入でホンダが逆襲!  インディカー2017年の新勢力図

 ホンダのワンメイクが6年間続いた後の2012年、シボレーはインディカーシリーズに復帰し、以来マニュファクチャラー・タイトルを獲得し続けている。

 2016年も、シボレーは16戦14勝と圧倒的な強さを誇った。その立役者は創立50周年のチーム・ペンスキーだ。シモン・パジェノーが5勝を挙げてキャリア初めてのタイトルに輝いたのをはじめ、ウィル・パワーがランキング2位で、エリオ・カストロネベスも3位と、トップ3を独占。4台体制で、実に16戦中10勝を挙げたのだ(パジェノーの他は、パワー4勝、ファン・パブロ・モントーヤ1勝)。

 同じシボレー陣営でペンスキーの宿敵、チップ・ガナッシ・レーシングは、エースのスコット・ディクソンが2勝をマークした。その他のレースでは、セバスチャン・ブルデー(KVSHレーシング)、ジョセフ・ニューガーデン(エド・カーペンター・レーシング)が1勝ずつを挙げ、ここまではシボレーユーザーだ。一方のホンダ勢では、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート、グレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がそれぞれ1勝ずつを記録した。

 シボレーは2015年に始まったマニファクチャラー間の空力競争で優位に立ち、2016年はライバルであるホンダとの差をさらに広げてみせた。シリーズの2強チーム(ペンスキーとチップ・ガナッシ)をユーザーに抱えている点も大きなアドバンテージになっていた。

この記事の続きを読む

1