評価落ちの実績馬は恐い。有馬記念の歴史からマリアライトが光り輝く

■2016クリスマス決戦、有馬記念(3)

 12月25日に開催される有馬記念(中山・芝2500m)。同レースは、長い間「牝馬が勝てないレース」と言われてきた。

 事実、1971年に"女傑"と呼ばれたトウメイが勝って以降、実に37年もの間、牝馬が勝ち馬になることはなかった。

 その壁を破ったのは、2008年のダイワスカーレット。牝馬として、37年ぶりに勝ち星を挙げた。さらに一昨年には、ジェンティルドンナが強力牡馬を一蹴して快勝。ここ10年の有馬記念では、ずっと勝てなかった牝馬が2頭も勝って、他にもブエナビスタが2年連続で2着に入線(2009年、2010年)。計3頭、都合5回の連対を果たしている(2007年にダイワスカーレットが2着)

 有馬記念で「牝馬は勝てない」とか、「馬券に牝馬はいらない」というジンクスは、もはや完全に過去のものになったと言っていい。

 そして今年も、牡馬勢を蹴散らして上位に食い込んでもおかしくない牝馬が3頭、出走を予定している。

 なかでも注目は、ファン投票最上位(全体の5位)のマリアライト(牝5歳)だろう。

 ここまでGI2勝。特に圧巻だったのは、今年上半期のグランプリ、宝塚記念(6月26日/阪神・芝2200m)の勝利だ。昨年のダービー馬で、凱旋門賞出走も予定していたドゥラメンテ(※)の追撃を見事に振り切った。その強さは、まだ記憶に新しい。
※宝塚記念のレース後、故障して引退。

この記事の続きを読む

1