天国のオーナーと母がひと押し! ゴールドアクターが有馬記念連覇へ

■2016クリスマス決戦、有馬記念(4)

「ゴールドアクターのオーナーだった親父が春に亡くなり、母馬のヘイロンシンも先日亡くなりました。ゴールドアクターにとっては、本当にいろいろなことがあった1年です。そんなつらい1年だったからこそ、最後は『有馬記念の連覇』で喜びたいですね」

 1年の総決算となるGI有馬記念(12月25日/中山・芝2500m)。昨年の覇者ゴールドアクター(牡5歳)にとっては、紛れもなく"特別な1戦"となる。

 今年の6月、ゴールドアクターの馬主である居城要(いしろ・かなめ)氏が、90歳で死去した。およそ50年前から馬主を始めた同氏にとって、初めてのGIタイトルが昨年の有馬記念だった。

 居城氏は、馬主とともに牧場経営も行なっていた。北海道新冠町の北勝(ほくしょう)ファームがそれで、ゴールドアクターの生まれ故郷でもある。自らの牧場で生産した馬を、そのまま馬主として所有する「オーナーブリーダー」だったのだ。

 同氏が亡くなったあと、ゴールドアクターの馬主や牧場の経営は、長男の寿与(ひさよ)氏が引き継いでいる。そもそも要氏が高齢になってからは、経営などはふたりで相談しながら行なってきたという。冒頭のコメントは寿与氏のものである。

この記事の続きを読む

1