コース適性と世相で読む。有馬記念は「3頭の伏兵馬」で懐がホッカホカ

■2016クリスマス決戦、有馬記念(5)

 年の瀬の風物詩となるGI有馬記念(12月25日/中山・芝2500m)。今年も1年のフィナーレを飾るにふさわしいメンバーがそろった。

 GI菊花賞(10月23日/京都・芝3000m)を制したサトノダイヤモンド(牡3歳)が3歳世代の代表として挑めば、前走でGIジャパンカップ(11月27日/東京・芝2400m)を快勝し、GI3勝目を挙げたキタサンブラック(牡4歳)が古馬勢の真打ちとしてそれを迎え撃つ。さらに、昨年の覇者ゴールドアクター(牡5歳)や、悲願のタイトル奪取を狙うサウンズオブアース(牡5歳)などの豪華な顔ぶれが、現役最強馬の座をかけて熾烈な争いを繰り広げることとなる。

 もちろん、ここに挙げた人気馬同士のハイレベルな激闘は大きな見どころのひとつだ。だが一方で、やはり年末だからこそ、"お宝馬券"をゲットしたい気持ちもある。実際、有馬記念では過去に大きな波乱が何度となく起きている。ならば、その歴史をひも解いて、幸運を呼ぶ穴馬を探してみるのも面白い。

 そこで、過去10年の有馬記念を参考に、ファンをあっと驚かせる馬を探してみたい。

「波乱」という視点で過去10年を見るなら、まず目がいくのは、2007年と2015年だ。2007年は9番人気のマツリダゴッホが勝利し、2015年は8番人気のゴールドアクターが優勝して、いずれも高配当を演出した(※)。

1 2 次へ