松山英樹、石川遼、岩田寛、 2017米ツアー、気になる3人の動向は?

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 PGAツアーは、2013−2014シーズンから10月に開幕し、年を挟んで翌年の9月におおよそツアー最終戦を迎えるスケジュールとなった。今季(2016−2017シーズン)も、昨季(2015−2016シーズン)が終了してからわずか2週間後の、10月13日からスタート。カリフォルニア州のシルバーラードCCでセーフウェイオープンが開催され、熾烈な戦いの幕が切って落とされた。

 今季はこれまでに8戦が消化されたが、12月には公式トーナメントは開催されず、年明けにハワイで行なわれるSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月5日〜8日)からツアーは再開される。

 PGAツアーの選手にとって、この12月、ツアーが再開されるまでのおよそ6週間が実質的なシーズンオフとなる。

 そんな束の間のオフが終わって、2017年を迎えると、松山英樹、石川遼、岩田寛の3人も、PGAツアーでそれぞれの歩みを始める。そこで、彼らの今後の動向について、少し推察してみたい。

 まず松山英樹は、前述のSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズから始動する。

 同大会は、2016年にツアー勝利を挙げた選手だけが出場できる"エリート大会"。2月のウエイストマネージメント・フェニックスオープン、10月のWGC−HSBCチャンピオンズで優勝している松山は、もちろん有資格者で2年ぶり2回目の出場となる。

この記事の続きを読む

1