「大王」より凄い逸材か。年明けに初陣を飾るアドマイヤロブソン

【厳選!2歳馬情報局(2016年版)】
■第30回:アドマイヤロブソン

 ハイレベルなメンバーがそろい、大いに盛り上がった今年の3歳牡馬クラシック戦線。タイトルを獲得した馬たちはもちろん、それ以外の"脇役"にも記憶に残る実力者たちが多数いた。

 その一頭が、アドマイヤダイオウ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 同馬は、昨年11月のデビュー戦こそ3着に敗れたものの、2戦目の未勝利戦から500万下、オープン特別と破竹の3連勝を飾った。特に圧巻だったのが、3勝目となったオープンの若葉S(阪神・芝2000m)だ。

 皐月賞トライアルとなるこの一戦で、単勝1.7倍という圧倒的な支持を得たアドマイヤダイオウ。レースでは、中盤で一気に前へ取りつくと、直線に入ってからは2番人気ナムラシングンとのマッチレースを展開した。

 残り100m地点、完全に前に出たのはナムラシングンだった。だが、そこからアドマイヤダイオウが底知れぬ勝負根性を発揮。ナムラシングンに半馬身かわされたあと、ゴール前で再度盛り返して、大逆転勝ちを収めたのである。

 次走のGI皐月賞(中山・芝2000m)では9着に敗れたものの、秘めた能力の片鱗は示した。その後、戦列を離れているが、復帰してくれば、大舞台でも活躍できる器だろう。

この記事の続きを読む

1