宮原知子と浅田真央。全日本で明暗を分けた新旧女王の今後はどうなる?

 平昌五輪プレシーズンの全日本選手権が25日、悲喜こもごものドラマを生んで終わった。女子は新旧全日本女王が対照的な結果を出す中、若手の台頭が際立った戦いとなった。

 豊富なタレントぞろいの女子を制したのは、先のグランプリ(GP)ファイナルで2年連続銀メダルに輝いた宮原知子で、2008年の浅田真央以来、9人目となる3連覇を達成した。

「フリーはもうちょっといい演技がしたかったです。ちょっと悔しいですが、3連覇することができてうれしいです」

 今回のタイトル獲得の裏では、濱田美栄コーチからの大きな後押しがあった。濱田コーチはリンクに出る前の宮原に「狙って勝ちなさい」と言って送り出したという。その言葉を聞いて18歳の闘志に火がついたことは言うまでもないだろう。

「プレッシャーになるよりも、勝ちたいと思った場面でしっかり勝つのが本当の金メダリストだと思うので、そういう強い人になりたいと思いました。3連覇した今回の優勝は、今までの中で一番優勝したいと強く思った試合でもありましたし、自分はもっと強くならないといけないと、あらためて強く思えた試合でもあったので、すごくいい経験ができました」

この記事の続きを読む

1