【月報・青学陸上部】原晋監督「うちには、S以上のカードが4枚ある」

極私的! 月報・青学陸上部 第21回

原晋監督インタビュー 前編

 箱根駅伝3連覇という偉業達成に向けて1月2日、大手町のスタートラインに立つ青山学院大学陸上部。すでに出雲駅伝、全日本大学駅伝を制するなど圧倒的な強さを見せ、箱根を取れば、史上4校目となる3冠、トリプルクラウンも達成することになる。

 一方、他大学は「青学の独走を許さない」と緻密な戦略を立て、青学包囲網を敷く。徹底的にマークされる中、原晋監督の勝算、そして箱根の先に目指すものとは......。緊張感が高まるこの時期にじっくり話を聞いた。

――12月10日、箱根駅伝を走る16人のエントリーリストが発表されました。青学大のリストにはほぼ予定通りの選手が名をつらね、大きなサプライズはありませんでした。メンバーを決める時点で悩むこと、あるいは誤算はあったのでしょうか。

「夏季合宿から継続的にいい練習ができて、その中で実績のある選手が選ばれているので、『こいつ、外れたな』っていうのはないですね。ただ、ひとつだけ山登り要員と考えていた内田(翼)が故障してしまったことが残念でした。4年生で最後の箱根になり、ポテンシャルの高い選手だったので、出られれば活躍してくれたと思うので......。
 
 あと、2年生の山田(滉介)、富田(浩之)がメンバーから外れたけど、彼らは今後につながる外れ方なんでね。今年から主力メンバーに絡んで夏季の選考合宿や強化練習などすべてをやり切って、勝負してきたことは決してムダにはならない。そりゃ本人たちは悔しいと思うけど、彼らは来年、重要な戦力になっていきますからネガティブではなく、ポジティブにとらえてほしいなと思います」

この記事の続きを読む

1