【箱根駅伝】打倒・青学大に燃える東洋大「唯一の作戦は先手必勝」

 前回の箱根駅伝で東洋大は青山学院大に次ぐ2位。1区で青学大に53秒差をつけられたが、2区でエースの服部勇馬が区間賞獲得の走りをみせ、22秒差まで追い詰めた。しかし、3区で期待された勇馬の弟の服部弾馬が、再び差を広げられてしまった。そこからは、青学大の独走状態。東洋大も底力を見せて2位になったとはいえ、総合タイムで7分以上の大差をつけられる完敗だった。

 そのチームから、エースの勇馬を含む4年生5名が抜けた。今年の駅伝シーズンには準エース格の口町亮(4年/関東インカレ5000m3位、1万m7位)が故障。15年全日本大学駅伝で7区区間賞の堀龍彦(3年)は不調で使えず、22大会連続で4位以内を守ってきた3大駅伝で、出雲駅伝は9位、全日本は6位に沈むという屈辱を味わった。

「出雲と全日本は箱根を想定し、そこでしっかり走るためにこれまで出ていなかった選手に経験をさせたいという狙いだったので、今年は勝負より育成を目的にして挑んできました。その中で服部弾馬(4年)や櫻岡駿(4年)を序盤に使い、流れを作って未経験者に経験を積ませたいというのがありましたが、口町や堀という経験者が使えなかったことで9位、6位と、目標にする順位までたどり着けませんでした。ただ箱根のエントリーに関しては口町や堀が復調しつつありますし、4年生の牧浦聖士や橋本澪もだいぶ調子を上げてきたので、総力戦として出雲や全日本よりいい形で臨めるようになっています」

この記事の続きを読む

1