崩れたライバル。揺るがない青学大。総合力の高さで勝った箱根駅伝

 第93回箱根駅伝は3冠、3連覇を狙う青山学院大の総合力の高さばかりが目につく大会になった。体調不良の選手が出るアクシデントに見舞われても、レースでブレーキとなる走りが出ても、その強さに陰りはなかった。

 青学大は1区で予定していた鈴木塁人(1年)がケガで使えなくなり、エントリーされたのは梶谷瑠哉(2年)。原晋監督に迷いはなかったという。東洋大がエースの服部弾馬(4年)を1区で起用したとはいえ、ひとりではそこまでいけないだろうとスローペースの展開を予想。今季は5000mと1万mで自己記録を更新している梶谷がうまくついていき、最後は持ち前のスピードを生かせばいけると考えたのだ。

 展開は予想通りに進み、梶谷は1位の服部に4秒差の4位という結果を残した。そのタスキを受けたエースの一色恭志(4年)は調子があまりよくないなか、区間賞は1時間07分17秒で走った神奈川大の鈴木健吾(3年)に譲った(一色は鈴木、拓殖大・デレセに次ぐ区間3位)。それでも順位は2位(1時間07分56秒)での中継となり、優勝を争うライバルに対して、駒澤大には17秒差、早稲田大と東洋大にはそれぞれ53秒、1分05秒という大差をつける走りができたことは大きい。

 3区は、12月まで絶不調で、原監督が「往路では一番不安があった」という秋山雄飛(4年)が走ったが、ライバルとの大差に加えて、前にいるのが優勝争いには絡んでこないとみていた神奈川大だったこともあり、焦ることなく落ち着いて走ることができた。

この記事の続きを読む

1