トランプ次期大統領と密談。 タイガー・ウッズの2017年はどうなる?

■WEEKLY TOUR REPORT 米ツアー・トピックス

12月30日は、タイガー・ウッズ(アメリカ)の誕生日だった。41歳を迎えた彼の周辺は、最近になってちょっぴり騒々しかった。20歳でプロに転向して以来、21年間トップを走り続けてきたウッズが、"人生の第二章"と呼ぶこれからの時間をどのように想定しているのか、少し考察してみたい。

 第一は、選手としての復活である。

「ジャック(・ニクラウス)のメジャー18勝という記録を塗り替えることは、諦めていない」と、自身メジャー14勝のウッズは今後もメジャー勝利を目指していくことを断言している。

 そして、昨年12月には自身がホストを務めるヒーロー・ワールドチャレンジで15カ月半ぶりに実戦復帰。心配されていた腰のケガの痛みもなく、4日間をフルに戦った。

 結果は出場18選手中(うち1名は棄権)、15位。優勝した松山英樹(24歳)とは14打差と、決して満足のいく成績ではなかったが、2日目にはボギーなしの「65」という好スコアをマーク。また、同組で回ったパトリック・リード(26歳/アメリカ)、リッキー・ファウラー(28歳/アメリカ)ら若手をオーバードライブして見せるなど、いまだパワーに衰えがないことを証明した。

この記事の続きを読む

1