解散から35年──。 キミは「国際プロレス」を知っているか?

【プロローグ】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

日本プロレス界の父――力道山に才能を見出されて当時最大の団体であった「日本プロレス」に入門、アマチュアレスリング出身プロレスラー第1号となった吉原功(よしはら・いさお)。大相撲出身者が大半を占めていた力道山門下生のなかで、華麗なレスリング技を駆使して日本ライトヘビー級チャンピオンとなった吉原は、引退後にフロント入りし、ビジネス面で手腕を発揮する。そして1966年10月、吉原は日本プロレスを退団すると、新団体「国際プロレス」を旗揚げした。

 力道山亡き後、日本のプロレス人気を二分していたのは、ジャイアント馬場の全日本プロレスと、アントニオ猪木の新日本プロレス。それらに対抗する「第3の勢力」となるべく、国際プロレスは設立された。

"怪力無双"の異名を取り、IWA世界ヘビー級王座を25回防衛したストロング小林。レスリング・グレコローマン最重量級代表として東京オリンピックに出場し、日本人で初めてIWA世界ヘビー級チャンピオンとなったサンダー杉山。ラグビー日本代表のロックとして活躍し、TBSの初回放送でルー・テーズのTWWA王座に挑戦したグレート草津。大相撲から転向した正統派ストロングファイター・ラッシャー木村......。彼ら"四天王"をはじめ、巧みな技と頭脳的戦略で名バイプレイヤーを演じたマイティ井上や寺西勇、ラグビー世界選抜の実績を引っ提げて鳴り物入りで入団した阿修羅・原など、個性豊かな選手たちが、昭和40年代から50年代にかけてコアなプロレスファンの人気を集めた。

この記事の続きを読む

1