井上康生が語った「リオ五輪、 男子柔道全階級メダル獲得」の真実

■男子柔道・井上康生監督インタビュー(前編)

 2016年8月のリオ五輪で大躍進を遂げたのは、男子柔道だ。全7階級でメダルを獲得(金2個、銀1、銅4個)し、監督の井上康生は全競技終了後、大粒の涙を流しながら、代表選手たちを「誇りに思います」と語った。

 井上が監督に就任した4年前は、ロンドン五輪で金メダルが「0」に終わって当時の篠原信一監督が辞任し、また女子柔道選手に対するパワハラ問題が明るみに出るなど、柔道界が混乱した時期だった。わずか4年で男子柔道を立て直した井上は柔道界の改革者だろう。

 しかし、競技人口の減少が叫ばれる柔道母国の改革はこれからも続き、自身も現役時代に戦った重量級(100キロ級、100キロ超級)の再建は「道半ば」と話した。2020年の東京五輪まで指揮を執ることが決まった井上は、すでに新たな一歩を踏み出している。

── 11月の講道館杯や12月のグランドスラム東京では、リオ五輪の代表だった選手が出場していないとはいえ、66キロ級の阿部一二三選手(日本体育大学1年)と100キロ級の飯田健太郎選手(国士舘高校3年)という若い世代の活躍が目立ちました。

「間違いなく、そのふたりは東京五輪の代表争いで中心になってくる選手です。阿部がグランドスラム東京で優勝し、飯田は講道館杯でウルフ・アロン(東海大学3年)に敗れたとはいえ2位、グランドスラム東京でも優勝した選手に敗れはしましたが3位に輝いた。期待値に対して、結果も伴ってきています。やはり、4年後に東京五輪を控えていることが、若い世代の意識を高めていますよね。五輪はただでさえ一生に一度、あるかないかの挑戦なのに、自国開催で、かつ柔道の発祥の地である日本で行なわれるわけですから」

この記事の続きを読む

1