伊調馨が明かす心境。「東京五輪で 5連覇よりもやりたいことがある」

■伊調馨インタビュー@後編

「東京マジック」──。そんな言葉がある。

 4年後の2020年大会が地元・東京でなければ、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックを最後に、肉体的・精神的な問題から、あるいは第二の人生を考えて現役を引退するはずの選手の多くが、東京開催を理由に現役を続行している。

 しかし、伊調馨は、「私にそんなマジックはありません」と断言した。

「自分が生まれ育った国でオリンピックが開催されるって、すごいことですよね。どれだけ盛り上がるんだろうか、考えただけでワクワクします。だから、自分もそのオリンピックに、できたら自分がずっと続けてきたレスリングで携わりたいという思いはあります。でも、別に選手でなくてもいいんです。マットを掃除させてもらうのでも、チケットをチェックするのでも、なんでも」

 なぜならば、「今はまだ、選手に戻ること、オリンピックで5連覇することに意味・価値を見出していないから」だと伊調は説く。

「周りの人は9:1ぐらいの割合で、『東京オリンピックがんばってね!』『5連覇、期待しているから』と言ってくれますが、今は続けるか、引退するか、まったく決めてないし、決めなくていいと思っています。もっと言えば、今すぐ選手に戻るという気持ちは100%ありません。

この記事の続きを読む

1