「F1界最強」アロンソ&バトンは マクラーレン・ホンダを救ったか?

F1ホンダ短期連載(3)
■「フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの2016年」
「今シーズンのウチで完璧だったのは、ドライバーだけですね」

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者は、2016年を振り返ってそう苦笑した。

 マシンの純粋な性能では3強チームに大きな差をつけられ、サーキットによってはフォースインディアやウイリアムズにもまったく歯が立たず、上位入賞どころかトップ10入りさえ厳しいレースも少なくはなかった。

 そんな状況下で、長谷川総責任者の口からは、「今回の結果はドライバーのがんばりがすべてだったと思います」という言葉が何度も聞かれた。

「今の成績は我々が望んでいるレベルには達していませんから、そういう意味では全然満足できないどころか、フラストレーションの溜まるシーズンでした。レースに来る前から好成績が期待できない状況で戦わなければならないというのは、やはり非常に厳しいですよね......」

 フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンというふたりのチャンピオン経験者を擁し、「F1界最強」と言っても過言ではないドライバーラインナップ。それは、マクラーレン・ホンダにとって大きな救いとなっていた。

この記事の続きを読む

1