のめり込み系「相撲女子」の 市川紗椰が初場所で注目する5人の力士

 『Web Sportiva』をご覧の皆様、はじめまして。市川紗椰です。

 私はアニメや鉄道、グルメなど、自分が興味を持ったものをとことん極めたい性格で、相撲もその対象のひとつです。大学生の頃から本格的に見始め、今では両国国技館や地方巡業にも足を運ぶほどのめり込んでいます。僭越(せんえつ)ながら、1月8日から始まる初場所で注目する力士について語らせていただきます。

 まず幕内の上位陣でいうと、昨年「綱取り」に挑んだ大関・豪栄道は外せません。度重なるケガに耐え、昨年の9月場所で初優勝を飾った際には、自分のことのように喜びました。というのも、豪栄道は私が相撲にハマるきっかけを作ってくれた力士でもあるんです。最初は顔立ちが好きで応援していたんですが、短い腕でまわしをがっちりと掴んで離さない取り組みを見て「不利な体格が有利に働くことがある」と知り、相撲観戦が一気に面白くなりました。

 2014年の7月場所で12勝を挙げ、大関昇進を決めた頃は「このまま横綱に上りつめるのでは?」という勢いがありましたが、そこから左肩や右手首などケガが続き、土俵上で慌てる悪いクセもあって、カド番を経験すること4回。すっかり影が薄い大関になっていました。

 これまでの豪栄道には、彼を奮起させる「周囲の期待」が足りなかったように思います。綱取りがかかっていた先場所は、2回の物言いがどちらも黒星になってしまう不運もあって9勝に終わったものの、慌てずしっかり前に出る相撲ができていました。ケガも癒えたようですし、初場所ではまた優勝争いに加わってくれることを大いに期待したいです。

この記事の続きを読む

1