「名脇役」ドリームパスポートの弟、 イムノスは春の主役となれるか

厳選!新馬情報局(2017年版)
■第32回:イムノス

 幾多の名馬たちが、その名を刻んできた3歳クラシック。タイトルを手中に収めた勝者たちが語り継がれるのはもちろんだが、あと一歩でタイトルに届かなかった敗者たちがファンの心に残り続けるのも、クラシックのいいところだろう。

 そんな印象的な敗者の代表格として挙げられるのが、2006年の3歳クラシックに挑戦したドリームパスポートだ。

 同馬は、3歳になって2月のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)で初の重賞制覇を遂げて、前哨戦のGIIスプリングS(中山・芝1800m)でも3着と好走。そして、三冠初戦のGI皐月賞(中山・芝2000m)では、10番人気の低評価をくつがえして半馬身差の2着と健闘した。

 続くGI日本ダービー(東京・芝2400m)でも、7番人気ながら3着と好走。トップクラスの実力を示し、春二冠でともに優勝争いを演じた。

 その後、休養を挟んで挑んだGII神戸新聞杯(中京・芝2000m)では、春の二冠を制したメイショウサムソンを下して快勝。誰もが認める「優勝候補」として、最後の一冠となるGI菊花賞(京都・芝3000m)に臨んだ。

この記事の続きを読む

1