ホンダF1総責任者「いい加減にしろ! と言われる前になんとかしたい」

F1ホンダ短期連載(5)
■マクラーレン・ホンダの2017年展望」

 2017年シーズンの開幕まで、すでに80日を切った。新車が開幕前テストで走行を開始するまで、あと7週間しかない。

 3年目を迎えるマクラーレン・ホンダは、昨年のQ3の常連から、表彰台を狙える位置へ浮上を目指している。英国ウォーキングと栃木県HRD Sakuraでは2017年型マシンの開発の真っ只中にあるが、ホンダの長谷川祐介F1総責任者に新たなシーズンへ向けた展望を語ってもらった。
―― 2017年シーズンに向けて、まずパワーユニットの開発状況はいかがでしょうか?

「2017年のパワーユニットは、コンセプトもパッケージも昨年までとは大きく変化しています。やっていることは正しいと確信していますが、なかなか苦労していてまだ完成していません。この時期に完成していないというのは相当厳しいですし、チーム全体としてもプレッシャーを感じています。

 ただ、少なくともやるべきことがわからなくて、どうすればいいかわからなかった2016年に比べれば、我々が今、作ろうとしているものが完成すれば、かなり競争力の高いものができると思っていますし、あとはそれがちゃんと開幕に間に合うかどうかということです」

この記事の続きを読む

1