東京五輪で見たい! 春高バレーで輝いた、未来の日本代表候補5人

「春の高校バレー」こと第69回全日本高等学校選手権大会は、男子は駿台学園(東京)が初制覇で3冠(インターハイ、国体、春高)を成し遂げ、女子は大山加奈や木村沙織らを輩出した名門・下北沢成徳(東京)の連覇で幕を閉じた。1月4日から5日間にわたって熱戦が繰り広げられた今大会から、東京五輪での活躍が期待できる選手たちをご紹介したい。

 大山加奈、荒木絵里香を擁した2002年、木村沙織、大山未希(加奈の妹)を擁した2003年以来の春高連覇を果たした下北沢成徳では、やはり最優秀選手賞を受賞した黒後愛(3年・180cm)の活躍が素晴らしかった。

 黒後家は、両親と姉、そして愛の4人家族だが、なんとその全員が春高バレー出場経験者。父・洋さんは宇都宮大学のバレー部監督で、宇都宮大を関東1部に引き上げた名将でもある。愛自身は東京五輪を見据えたJVA(日本バレーボール協会)の育成プロジェクト、Team COREのメンバーにも選ばれている。選手としての黒後はレセプション(サーブレシーブ)もできて、スパイクも打てるサイドアタッカーだ。

 春高の決勝では、就実(岡山)相手になかなかスパイクを決めきることができず、試合後に「本当に自分は何もしなくて......。仲間に支えられて勝てました」と涙で途切れながらのインタビューとなった。これから、スタンディング気味の助走を少し修正すれば、よりスパイクの幅は広がるだろう。

この記事の続きを読む

1