釜石も神鋼も超える帝京大の8連覇。 逆転の主役は「平尾2世」松田力也

 冬の柔らかな日差しが残る夕刻、東京・秩父宮ラグビー場で岩出雅之監督が8度、宙に舞った――。1月9日、ラグビー大学選手権の決勝戦が行なわれ、東海大を33−26で破った帝京大が前人未踏の8連覇を達成した。ラグビー界にとって「8」という数字は、過去に日本選手権で新日鉄釜石(現・釜石シーウェイブス)と神戸製鋼が達成した7連覇を超える金字塔である。

 ただ、帝京大にとっては、過去8回の大学選手権決勝のなかでもっとも白熱し、もっとも苦しんだ試合だった。

 接点やディフェンスでは互角だったものの、日本代表3人を擁する東海大の強力なFW陣のスクラムに苦しみ、試合序盤で2トライを奪われ、前半17分までに0−14とリードされる。帝京大の岩出監督は「スクラムでやられるのは想定内だった」と言うものの、さらにもう1本トライを獲られてしまうと、ゲームをひっくり返すのはかなり難しい状況だっただろう。

 そんな窮地のなかで帝京大を逆転優勝に導いたのは、間違いなく「10番」をつけたSO(スタンドオフ)松田力也(4年)の存在だ。昨年6月には桜のジャージーをまとい、日本代表としてスコットランド代表とも戦った司令塔が、決勝の舞台でひとりだけ次元の違うプレーを見せた。

この記事の続きを読む

1