高校サッカー新時代へ。東海大仰星など 「伏兵校」の台頭にはワケがある

 今年度の全国高校サッカー選手権は、青森山田(青森県)の初優勝で幕を閉じた。

 昨年12月の高円宮杯U−18チャンピオンシップでも初優勝していた青森山田は、これで二冠達成。前評判どおりの強さを発揮した一方で、同じく優勝候補と目された市立船橋(千葉県)は2回戦で、東福岡(福岡県)は準々決勝で敗れた。地域格差が縮まり、実力が拮抗する現在の選手権にあって、頂点に立つことの難しさを、改めて思い知らされる大会でもあった。

 今回の選手権を取材していて感じたのは、サッカーのベースとなる要素をしっかりと備えているチームが多くなったということだ。ベースとなる要素とはすなわち、攻守(特に攻撃から守備へ)の切り替えの速さや、守備に切り替わったときにボールを奪い切る強さといったことである。

 その代表的な例として挙げられるのが、初のベスト4進出を果たした東海大仰星(大阪府)である。

 東海大仰星はインテンシティ(強度)の高いプレーを連続して行なえるという点で、今大会でも屈指だった。力強くボールに襲いかかるプレッシングで東福岡を倒し、優勝した青森山田をもあと一歩のところまで追いつめた。

この記事の続きを読む

1