世界最強リヨンで主力の熊谷紗希。 次は「ゴールを奪う選手」になる

■熊谷紗希インタビュー「リヨン編」

 2016年――なでしこジャパンにとっては、リオデジャネイロオリンピック出場を逃し、また新生なでしこジャパンとしての一歩を踏み出すという1年だった。その中でも熊谷紗希はヨーロッパの地で揉まれ、着実に成長を重ねている。

 2008年の北京オリンピックでは、高校生ながらバックアップメンバーに名を連ね、その後なでしこジャパンに定着。2011年のドイツワールドカップではセンターバック(CB)として世界一に貢献した。2012年ロンドンオリンピックで日本サッカー史上初となる銀メダルを獲得し、2015年カナダワールドカップで準優勝と日本女子サッカー躍進のど真ん中に熊谷はいた。

 2011年に自らの力を高めようと、弱冠20歳でヨーロッパへ挑んだ熊谷は、世界最高峰のチームの主力として6シーズン目を迎えている。熊谷の目に映る"今"と"これから"はどんな風景なのだろうか。

「今までにないくらいの充実感と興奮があったシーズンでした」

 開口一番、まさに充足感満載の表情で2015-16シーズンを振り返った熊谷。それもそのはず。2011年に1.FFCフランクフルトへ入団、その2年後にはフランスの強豪であるオリンピック・リヨンへ移籍を果たした熊谷は、昨年のチャンピオンズリーグ(CL)で優勝を勝ち取り、さらに自身初となるMVPを獲得する活躍を見せた。

この記事の続きを読む

1