【月報・青学陸上部】「青トレ」考案者が 掲げる箱根3連覇の次の目標

■極私的! 月報・青学陸上部 第27回

 箱根駅伝3連覇、そして大学駅伝3冠を達成した青山学院大学陸上部。

 その快挙に大きく貢献したのが、2014年3月から陸上部のサポートをしている、スポーツモチベーション最高技術責任者、中野ジェームズ修一氏である。「青トレ」と称したトレーニングメソッドを考案。本2冊を上梓し、累計11万部のベストセラーとなり、そのメソッドは一般ランナーにも浸透した。今日の青学躍進の礎となっていることは周知の事実だ。

 3年にわたって、フィジカル強化とケアでチームを支えてきた中野だが、ここまでの手ごたえ、そして青学の今後については、どう考えているのだろうか―――。

――箱根3連覇達成に向けて、1、2年目とは違う、新たに取り組んだトレーニングはあったのでしょうか。

「1年目はまったく基盤がない中、体幹トレーニング、補強トレーニングについて理論から説明し、やり方を教え、さらにストレッチの方法、アイシングなどのケアを指導しました。2年目はそれをしっかり定着させ、3年目の今回はそれをさらに徹底させてきました。慣れてくると"なぁなぁ"になってしまいますし、原(晋)監督からも『繰り返してほしい』という要望がありました。

 あと、今回はバランスボールなどを使って、疲労を抜くことやリカバリーをかなりやってきました。長距離は100m走のようにぐっと力を入れて走るわけではなく、力を抜いてエネルギーを無駄に使わないように走るランニングエコノミーが必要なんです。バランスボールを使うと、体の力の抜き方がうまくなるんですよ。みんながそれをだいぶできるようになってきたのが、結果にも表れたと思います」

この記事の続きを読む

1