「もうオンナには負けん!」有力馬が春を見据えた3歳牡馬ランキング

2017年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第2弾)

 牝馬優勢とされる今年の3歳世代。そうした評判もあってか、本来牡馬路線であるGI朝日杯フューチュリティS(12月18日/阪神・芝1600m)に、牝馬のミスエルテ(牝3歳)が果敢に挑戦し1番人気に支持された。前週のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月11日/阪神・芝1600m)を制したソウルスターリング(牝3歳)に続いて、フランケル産駒の2週連続GI制覇なるか、大いに注目された。

 しかし、馬場状態やレース展開などの影響もあって、ミスエルテは惜しくも4着。代わって、鋭い末脚を披露したサトノアレス(牡3歳/父ディープインパクト)が快勝し、牡馬の意地を見せた。

 また、朝日杯FSの翌週にはGIIホープフルS(12月25日/中山・芝2000m)が行なわれ、レイデオロ(牡3歳/父キングカメハメハ)が人気に応えて完勝。デビュー3連勝を飾って、クラシックの有力候補に躍り出た。

 そして、年明けにはGIIIシンザン記念(1月8日/京都・芝1600m)が開催された。勝ったのは、人気薄のキョウヘイ(牡3歳/父リーチザクラウン)。道悪の中、強烈な決め手を繰り出して金星を挙げている。

 今回はこれらの結果を踏まえて、現時点での『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独自のデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

この記事の続きを読む

1