あの選手にC・ロナウドより高い給料。 今冬も中国の「爆買い」が爆発中

 すでに折り返し地点を過ぎた今シーズンの欧州サッカー界は、恒例の冬の移籍マーケット期間に突入している。

 シーズン開幕前に開かれる夏の移籍マーケットとは対照的に、近年の冬の移籍マーケットは大金が飛び交うケースが減少。低迷するチームが不振から抜け出すための即戦力を補強したり、長期離脱となった主力の穴を埋めるための戦力を獲得したりするという、本来の目的に回帰する傾向にある。

 現在までに、パリ・サンジェルマンがヴォルフスブルクからドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーを推定3400万ポンド(約49億円)で獲得した以外は、大物代表クラスの移籍は皆無。メディア上ではビッグネームの移籍に関する憶測報道が飛び交うものの、おそらく1月末から2月頭にかけての移籍期限までに大物選手の動きはないと思われる。

 その一方で、昨シーズンの冬の移籍マーケットに続き、今回も話題を独占しているのが、「中国マーケット」の存在だ。

 その先陣を切ったのは、チェルシーから中国スーパーリーグの上海上港へ移籍したブラジル代表MFオスカル(25歳)だった。驚くべきは、上海上港がチェルシーに支払った5100万ポンド(約73億円)とも6000万ポンド(約86億円)とも言われる移籍金で、これはブラジル代表FWフッキ(30歳)が昨夏にロシアのFCゼニトから上海上港に移籍した際に支払われた4700万ポンド(約67億5000万円)を上回る「アジアサッカー史上最高記録」となる金額だ。

この記事の続きを読む

1