新生なでしこの要・熊谷紗希 「同世代で固まるなんて、私がさせない」

■熊谷紗希インタビュー「なでしこ編」

 熊谷紗希が、リヨンという世界屈指のクラブチームで挑戦を続ける原動力のひとつに"なでしこジャパン"の存在がある。憧れの存在から、手の届く目標へと変わり、今は"戻る場所"になった。

 彼女がなでしこジャパンを語るとき、「なでしこに戻ったとき――」というフレーズを時折使う。熊谷にとって、なでしこジャパンは自分の成長を確認する場所であり、新たな課題が沸き出す場所でもある。

「毎日は必死になっているから成長とかはわからないけど、なでしこジャパンに戻ると自分のプレーに余裕が持てるようになっていたりして、成長を実感できる。なでしこは、自分がやってきたことを還元したい場所なんです。そこで結果を出したり、そこで代表として戦うために今毎日生きているから。もちろんそれだけじゃないですけどね(笑)」

 その想いがあるからこそ、なでしこジャパンで戦ったあとには、彼女はいくつもの課題を抱えることになる。共通するのは"チームのために何をすべきか"だ。

この記事の続きを読む

1