マイケル・チャンに怒られた錦織圭は 全豪OPで「オトナ」になれるか

 12月29日が誕生日の錦織圭にとって、新たな年(とし)とは、常に、新しい"歳(とし)"のスタートでもある。

 27歳――。その年齢が持つイメージについて問われると、彼は「25歳と30歳の間ですかね?」と笑って軽くいなした後に、いくぶん表情を引き締めて続けた。

「対戦する相手が、自分より年下が増えてきた。27歳って、もう若くはないので......」

 歳を重ねるにつれ移ろう自身の立ち位置の変化は、この2〜3年で頓(とみ)に感じてきたことだ。

 テニスが変わった。ランキングが変わった。見える景色も変わってきた。

「オトナになってきたと思います」

 彼は、素直に口にした。

 頂点を狙う「27歳の世界トップ5ランカー」として、今、彼が志すべき「オトナ」のテニスは、今季開幕戦のブリスベン国際から持ち帰った課題と同義かもしれない。

 準優勝という結果のこの大会で、マイケル・チャン・コーチをはじめとするチームスタッフたちが危惧したのは、25歳のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に敗れた決勝戦より、フルセットにもつれ2時間23分を要した初戦(1回戦免除の2回戦)だったという。この試合の対戦相手は、20歳の新鋭ジェリード・ドナルドソン(アメリカ)。錦織は試合開始直後に4−0と大きくリードするも、そこから若い相手に6ゲーム連取を許し、第1セットを失った。

この記事の続きを読む

1