俊輔の移籍は理解できても、 マリノスで起きていることは理解不能だ

横浜FMへの批判や不満が頂点

 名門、横浜F・マリノスが揺れている。

 先日はクラブの英雄的存在だったMF中村俊輔が、ジュビロ磐田への移籍を発表。クラブに対する批判、不満は頂点に達した。これを受けて、横浜FMは異例とも言える釈明文を出すことになった。そして、社長は就任わずか1年での交代が明らかになっている。

 では、岐路に立った名門の実状とは......。

 横浜FMのマネジメントが不安定になった理由を、ひと口で解き明かすのは難しい。

 体質として問題視される点は、以前からあった。たとえば経営面では、本拠地だったマリノスタウンの運営に年間6億円もの賃料を10年間支払い、結局は払い切れなくなって潰すことに。今や「宿なし」の状態である。また強化面では、かつてチームのシンボル的選手だったDF松田直樹の処遇を巡っても、「功労者に冷たい」と批判が沸騰し、ネガティブな印象を残している。

 もっとも、横浜FMに限らず大きなクラブはマイナス面も抱えるものである。

 では、なぜ今、クラブの未来が危ぶまれる重大な事態に陥っているのか?

「2014年7月にシティ・フットボール・グループ(CFG)が経営に参入して以来(約20%の株を取得)、チームを翻弄している」

 その意見は根強い。昨年3月にスポーティングダイレクターに就任したアイザック・ドルは、"シティの代名詞"として不評を買っている。その顔は公(おおやけ)には見えてこないのだが......。

この記事の続きを読む

1