JRAトップ堀厩舎の「秘密兵器」 ラディアンスウェイは放牧中でも注目

厳選!新馬情報局(2017年版)
■第33回:ラディアンスウェイ

 さまざまな腕達者のホースマンがしのぎを削る日本競馬において、現在、名実ともに「トップ調教師」と言えるのが、美浦トレセン(茨城県)の堀宣行調教師だろう。

 JRAでは年間成績をもとに、毎年調教師の表彰を4部門で行なっている。最多勝利調教師、最高勝率調教師、最多賞金獲得調教師、優秀技術調教師の計4つである。 

 先日、2016年のJRA賞が発表されたが、上記4部門のうち、最多勝利を除く3つのカテゴリーでその栄誉を手にしたのが、他でもない堀調教師だったのである。

 実際、堀調教師が率いる厩舎からは、近年の競馬界を彩ったスターホースが次々に登場している。代表的な馬たちを挙げれば、2015年の3歳牡馬クラシックにおいて二冠(皐月賞・日本ダービー)を達成したドゥラメンテ、国内外でGI6勝を挙げたモーリスらがそうだ。

 そんな堀厩舎において、まだデビュー前ながらも大きな期待を集めている3歳馬がいる。ラディアンスウェイ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 母は、現役時代にアメリカのGIを2勝したギャビーズゴールデンギャル。それに、トップ種牡馬のディープインパクトを配合して生まれた良血馬だ。

 そんな血統背景を持つこの若駒に対して、厩舎スタッフはきわめて高い評価を与えているという。関東競馬専門紙のトラックマンが語る。

この記事の続きを読む

1