来冬の高校サッカー選手権へ。 「ニューバランスカップ」を西武台が制す

 全国高校サッカー選手権が決勝に向けて熱を帯びていく中、「裏選手権」と呼ばれる「ニューバランスカップ〜新春高校サッカー強化研修大会〜」が、1月3日から4日間にわたって行なわれた。

 静岡の時之栖(ときのすみか)スポーツセンターに集まった48校は、選手権予選で涙を呑んだ全国屈指の強豪ばかり。連日、2年生が中心となった新チームによる激闘が繰り広げられ、選手権出場3回を誇る埼玉の名門・西武台高がその頂点に立った。

 西武台の決勝の相手は、2年連続でインターハイに出場している北海道の札幌大谷高だった。日大藤沢高(神奈川)や武南高(埼玉)といった全国常連校を退けた、テンポのいいパス回しで札幌大谷が徐々に試合の主導権を握る。丸谷智明コーチが「この大会で大きく成長した」と語ったFW細川栞太(2年)が前線の起点となり、何度か決定機を演出した。

 守備の時間が長くなった西武台だが、チームの目標である「目の前の相手に勝つ」を全員が実践し、球際のチェックを徹底する。キャプテンでCBの美川笙乃(2年)を中心に声をかけ合い、互いをカバーすることで得点を許さなかった。札幌大谷に疲れが見えはじめた後半には、FW宮田輝(2年)が鋭いドリブルで相手陣内に深く切り込む場面もあったものの、ネットを揺らすことはできず。勝負はPK戦に持ち込まれた。

この記事の続きを読む

1